otta、佐賀県有田町およびレスターエレクトロニクス、イワタニ九州と4者による「見守りサービスの導入に関する協定」を締結

佐賀県初の導入!2023年春スタート予定
株式会社otta(本社:福岡市博多区、代表取締役社株式会社otta(本社:福岡市博多区、代表取締役社長:山本文和、以下「otta」)は、11月15 日(火)、佐賀県有田町(町長:松尾佳昭)および株式会社レスターエレクトロニクス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:山口秀哉)、イワタニ九州株式会社(代表取締役社長:山﨑敏孝)と、子どもの安全かつ安心な暮らしの実現を目的に、「見守りサービスの導入に関する協定」を締結しましたのでお知らせいたします。
■「見守りサービスの導入に関する協定」概要
目的:子供及び地域住民の安心かつ安全な暮らしを実現すること
実施場所:佐賀県有田町内各所(主に通学路)
対象者:町内小学校に就学する児童及びその保護者
    令和5年度に入学する小学1年生全員に見守り端末を無償で配付、
    小学2~6年生は希望者に見守り端末を無償で配布
役割分担:
 ・otta: 本サービスの事業主体(無料及び有料サービスのシステム提供、サービス運営、環境構築)
 ・有田町:無料サービスの募集啓蒙活動、環境構築の補助
 ・レスターエレクトロニクス:本サービスの環境構築支援、運営支援
              (関係各所への事業説明、住民説明、環境構築の支援)
 ・イワタニ九州:本サービスの環境構築支援
■otta 「見守りサービス」とは  https://www.otta.me/products/

otta が提供する「見守りサービス」は、専用端末を携帯する子どもが、域内に設置された「見守り基地局」付近を通過することで位置情報を記録し、記録された位置を保護者がスマートフォンで確認できるというものです。佐賀県有田町では2023年4月よりサービス開始予定で、有田町内の全小学校児童に専用端末が無償で配布されます。 2022年10月末時点で東京都、大阪府など全国21都市に導入済みで、佐賀県有田町は佐賀県初のサービス開始地域となります。
<本取り組みで配布する見守り端末(予定)>

ottaでは、今後も、IoTテクノロジーの活用により、子どもの”安全”と親の”安心”を繫ぐ、新しい見守りサービスを提供してまいります。
■株式会社 ottaについて  https://otta.co.jp/
私たちottaは子どもから高齢者まで全ての人が安心・安全に暮らせる街「スマート見守りシティ」を実現するために、ottaタウンセキュリティ・BLE見守りサービスを2015年より提供してきました。私たちの見守りサービスは、IoTテクノロジーを活用することで見守る人(保護者)も見守られる人(子供や高齢者など)も負担なく利用できる仕組みを実現しています。この手軽に利用できる仕組みが好評となり、現在は東京都や大阪府などの21都市で見守りサービスを提供しており、日本最大規模のIoT見守りサービスとなっています。

PR TIMES
2022年11月22日RT(5)
見 守(KEN MAMORU)

見 守(KEN MAMORU)

見守りサービスの情報を提供します!