7月13日 今日は何の日?

オカルトの日
1974(昭和49)年のこの日、オカルトブームの火付け役となったアメリカ映画「エクソシスト」が日本で初公開されたことから、オカルト記念日といわれています。ちなみに、エクソシストとは、「悪魔払い師」のことです。この映画では、少女の首が回転するシーンが特に話題になりました。また、「エクソシスト」とならんで有名なホラー映画に「13日の金曜日」があります。映画の題名にもなった13日の金曜日は、一般的に不吉な日とされています。その理由として有名なのが、「イエス・キリストが処刑されたのが13日の金曜日で、その日はキリスト教徒にとって忌(い)む日である」と、いうものですが、キリスト教ではその日を金曜日とだけつたえており、その日付は定まっていません。 ではなぜ、13日の金曜日が不吉な日とされているかというと、それには次のような説があります。
・13と言う数字は、キリストの最後の晩餐(ばんさん)に13人の人がいたことから、不吉な数字とされており、その13とキリストが処刑された金曜日を組み合わせて、より不吉な日とした。
・北欧神話で12人の神が祝宴をしていたとき、招かれざる13人目の客のロキ(Loki)が乱入してきて、人気者のバルドルを殺してしまったので、13は不吉な数字であり、さらに魔女が毎週金曜日に悪事をたくらんでいたことから、その両方を組み合わせて、より不吉な日とした。
・イヴによるアダムの誘惑が、13日の金曜日。
・大洪水からノアが脱出した日が、13日の金曜日。
・バベルの塔が壊されたのが、13日の金曜日。
・フィリップ4世がフランス全土において、キリストの騎士とよばれるテンプル騎士団のメンバーたちを一斉に逮捕したのが、1307年10月13日の金曜日。
その他:ぼん迎え火

●後鳥羽上皇、隠岐に流される。以後、王朝国家の自律性はなくなり
 皇位決定権は幕府の手に(1221)
●豊臣秀吉、小田原城に入り、徳川家康に関八州を与える(1596)
●京都に大地震、伏見城など倒壊(1596)
●幕府が京都町奉行を創設し、京都の直接支配の体制を整える(1668)
●江戸下谷種痘所を官立とし、幼児に種痘を命ずる(1860)
●東経135度を日本の標準時として3年後の1888年1月1日より実施すると
 公布(1886)
●第一回サッカー・ワールド・カップ大会。開催国であるウルグアイチームが
 アルゼンチンを2対1で破り、初優勝(1930)
●優生保護法公布(1948)
●日本中に集中豪雨の被害(1972)
●伊東市沖合3キロ付近で高さ30メートル直径約100メートルの水柱が
 噴き上がる大規模な海底噴火が6回起こる(1989)

誕生:森有礼(政治家・外交官・薩摩藩士1847) 青木繁(洋画家1882)
   堺屋太一(作家・経済評論家1935) ハリソン・フォード(俳優1942)
   関口宏(司会者1943) 中山千夏(作家1948) 丹波義隆(俳優1955)
   中森明菜(歌手1965) 石川秀美(歌手1966) 葉山レイコ (タレント1969)
   鈴木沙理奈(タレント1977)

誕生花:草の花 (Flowers of Grass)     花言葉:実際家

2020年7月13日RT(78)
見 守(KEN MAMORU)

見 守(KEN MAMORU)

見守りサービスの情報を提供します!